h

ロゴ・レタリング

Omnibus

今まで趣味や課題で作ったロゴやレタリングをまとめています。

Wolph

September, 2018

本サイト、Wolphのシンボルマークとロゴタイプ。WolphはWolf(オオカミ)とGlyph(文字)の造語です。

シンボルマークはオオカミの横顔とイニシャルのWを組み合わせた形で、ロゴタイプはKoga Sans Heavyをそのまま用いています。

Boscodon

October, 2018

サレジオ高専生のためのMastodonインスタンス、Boscodonの公式アカウント画像。

学生同士のつながりと、流れるような動きを意識しElectraとZapfinoのオーナメントを用いて上品に仕上げました。

優良食事店開拓研究会

July, 2018

自身が会長を務め運営している非公認サークル、優良食事店開拓研究会のロゴタイプ。

コントラストと手書き感のあるきざはし金陵は、全ては手から生み出される、という「料理」の本質を表しています。菱形は「紋」からインスパイアされた形ですが、同時にモダンさも演出しています。

サレジオ高専51期卒研展 Pattern

September, 2017

アートディレクションを務めたサレジオ高専卒研展(卒業研究作品展)のロゴタイプ。

高専という5年の長い上り坂を、前のめりに登っていく高専生活をイメージしました。あまり真面目でなかった51期生を表すため、書体はユニークな字形のMetro Novaを用いています。

RUSH of Homeworks

May, 2017

学校の2人以上で遊べるゲームを作る課題で製作した、他人を邪魔しつつ課題を終わらせていくボードゲーム「RUSH of Homeworks」のロゴタイプ。

ドイツゲームということで、ドイツの書体デザイナー、Rudolf KochのジオメトリックなNeue Kabelを使用し、和文にはニタラゴを使用。モダンなボードゲーム感を意識しました。

ShiftA

March, 2017

Wolphの前身であったポートフォリオプロジェクト、ShiftAのシンボルマークとロゴタイプ。

ShiftAはShift Advanceの略で、前進する、進化するという意味を込めており、シンボルマークはパソコンのShiftボタンの記号を意識しました。ロゴタイプは自分のイメージであったDINをほんの少し加工しました。

Plan4 Studio

March, 2017

友人とのiOSアプリ制作チーム、Plan4 Studioのシンボルマークとロゴタイプ。

Plan4 = plan for = 誰かのために考える というコンセプトの元、様々なターゲットに対応するという意味で可愛げのあるジオメトリックなシンボルと上品なロゴタイプを組み合わせました。

武者小路実篤 詩集

November, 2016

サレジオ高専時代の課題であった、既存の詩と自分で撮った写真を組み合わせて製本する写真詩集のロゴタイプ。

素朴で力強い武者小路実篤の詩に筑紫オールド明朝を合わせ、シンプルに構成しました。

セルフロゴ “A”

October, 2016

自身のロゴ。当時幾何学的で機械的な図柄をiPhoneの壁紙などに使っており、それを応用して制作しました。

A/DO

January, 2016

サレジオ高専の、文房具店のブランディング課題で制作したパターン用シンボルマーク。鉛筆、消しゴム、テープを組み合わせた読ませないシンボルマークです。

グラフィティ “SONIC”

June, 2016

デザインムーブメントからインスパイアして制作を行う課題で、グラフィティアートを制作しました。

実際に壁に書いたわけではなく、Illustratorで制作したものをPhotoshopで合成しています。

グラフィティ “MAU VCD”

May, 2018

2年前の “SONIC” から太さやバランスを調整した自主制作作品。

前作の荒さが消え、整理された見た目になりました。